white ash 4th full album spade 3 2016.3.16 release 最強を越え、全てをひっくり返す逆転のスペードスリー 4th Full Album「SPADE 3」 特設サイト white ash 4th full album spade 3 2016.3.16 release 最強を越え、全てをひっくり返す逆転のスペードスリー 4th Full Album「SPADE 3」 特設サイト
image02
〈初回盤〉 CD+DVD ¥3,500+税 VPCC-80678 〈初回盤〉 CD+DVD ¥3,500+税 VPCC-80678
comment
WHITE ASH全くすんげぇー才能ですね。驚きました。間違いなく英語、日本のバンドの中でNo1好きですね。どこまでも行けれると思うよ。たくさんの人に広まるといいですね。数少ない本物。 WHITE ASH全くすんげぇー才能ですね。驚きました。間違いなく英語、日本のバンドの中でNo1好きですね。どこまでも行けれると思うよ。たくさんの人に広まるといいですね。数少ない本物。
LINER NOTE

宇野維正(音楽ジャーナリスト)

 WHITE ASH の音楽にはいつだって予兆がない。余韻もない。ロックンロール・ミュージックの本質にある音楽的な高揚感、いわば「アドレナリンの上昇」や「ドーパミンの分泌」だけを信じて、「今」だけを「ここ」で鳴らす。日本にも、海外にも、そんなロックンロールの「刹那」を鳴らすバンドは昔もいた。でも、WHITE ASHの音楽には「刹那」のようなセンチメントさえ入り込む余地がない。「今」だけを「ここ」で鳴らしきる。 それこそが、WHITE ASHがモダンなロックバンドである理由だ。いや、WHITE ASHだけが日本で本当の意味でモダンなロックを鳴らしているバンドだ、と言い切ってしまってもいいかもしれない。

 それにしても、だ。イントロなし、いきなりのび太のボーカルからクライマックスのコーラスまでひたすら突き進んでいく「Blaze」、性急なマシーンビートに導かれて怒涛のギター・リフが応酬する先行シングル「Insight」、WHITE ASH流のパンクロックが炸裂する「Spade Three」と、冒頭から息をつく間もなくひたすら駆け抜けていく本作『SPADE 3』のスピード感は異常だ。

 フェスの現場を中心にあまりにも蔓延した縦ノリの四つ打ちブームの反動からか、ここにきて日本のロック・シーンでは「横の揺れ」が見直されている。あるバンドは過去の日本のシティ・ポップに参照点を求め、あるバンドは同時代の海外のブラック・ミュージックに参照点を求め、この国のバンド音楽に失われかけていた多様性を取り戻そうとしている。もちろん、大歓迎である。しかし、そんな動きとリンクされることはあまりなかったものの、ちょうど1年前にWHITE ASHがリリースした3rdアルバム『THE DARK BLACK GROOVE』は、あくまでもその足場をロックンロールに置きながら、そのフォーマットの中で強靭な「横の揺れ」のグルーヴを追求してみせた先見性に満ちた野心作だった。きっとその延長線上には、これまで日本のバンドが足を踏み入れてこなかったロックンロール・ミュージックのフロンティアが広がっていたはずだ。しかし、本作を聴いた後にそのことを問うと、のび太は涼しい顔でこう言った。

「『THE DARK BLACK GROOVE』にはライブハウスで演るとその良さがスポイルされてしまう曲があったんですよ。ライブハウスでやるためにアルバムの中から曲を選びながら、『あれっ?』っていう違和感があって。自分の中でイメージするロックバンドって、どんなに狭くて薄暗いライブハウスであっても、アンプと楽器があればどんな景色でも見せることができるってものだから。このままいったら、大事なものを見失いかけることになるかもしれないって」

「ロックバンドとしての衝動に立ち返った作品」。言葉にすると、そういうことになるのだろう。しかし、たとえばニルヴァーナが『ネヴァーマインド』の後にロックバンドとしての衝動を取り戻すためにスティーヴ・アルビニと作り上げた『イン・ユーテロ』が、それ以前の作品とはまったく異なっていたのと同様に、『SPADE 3』は決してWHITE ASHが彼らのルーツに戻ったような作品ではない。『THE DARK BLACK GROOVE』で鍛え上げた精密なグルーヴを踏み台にして、そこでバンドとしての本能を解き放った作品。ここで鳴っているのは「初期」衝動ではない。あくまでも彼らの「現在」の衝動だ。

続きを読む閉じる
COMMENTARY

のび太『SPADE 3』全曲解説

『M1 Blaze』
今作のリード曲=顔ですね。ダークな疾走感がポイント。自然系魔法の必殺技っぽいタイトルつながりで、Thunderous(2nd mini album "WALTZ WITH VALKYRIE"収録)の親戚のお兄ちゃんみたいな立ち位置の曲です。

『M2 Insight』
アニメ「ガッチャマンクラウズインサイト」の主題歌。アニメのスタイリッシュさを音で表現するために、打ち込みと生音をミックスさせて作りました。あとは、サビの"飛翔感"がポイントです。ガッチャ!

『M3 Spade Three』 今作をRedBullStudios Tokyoが全面サポートしてくれたので、せっかくならということで、Red Bullをイメージして作りました。イントロのツインギターは、向かい合う二頭の闘牛が闘いを仕掛け合うイメージ。(オラ!オラ!みたいな)

『M4 GR101』 今作の中で、シングル曲を除いて一番の古株。去年公開されたカート・コバーンのドキュメンタリー映画に刺激を受けて作りました。ちなみに「GR101」はガレージ・ロック入門コースの意(大学の最初の授業のコードが101であることから)。

『M5 Ledger』 映画「ダークナイト」のジョーカーをモチーフに作りました。真夜中の誰もいない路地裏を、バールを引きづりながらさまよう不穏な感じを出したくて、実はよく聴くとイントロから最後までずっと金属を引きずる音が入ってます。

『M6 Snow Falls In Lavender Fields』 今作唯一のスローナンバー。死に際に見るというお花畑をイメージして作りました。「生」を感じさせないように、低音をベースではなくチェロにしたのがポイントです。あとは奥行きを感じるギターも聴きどころ。

『M7 Dumbass』 今作で一番バッキバキのエレクトロ・ロックチューン。元々のアイデアと曲のタイトルはドラムの剛発案。ワルそうな曲なので、ワルそうに歌いました。余談ですが、2番のサビに行く前のドラムのイメージは背負い投げです。

『M8 The Phantom Pain』 ゲーム「メタルギアソリッド5:ザ・ファントム・ペイン」のタイアップソング。大好きなメタルギアの重厚なイメージに合うように、鋭いギターリフとどっしりとした強靭なグルーヴで仕上げました。

『M9 Emperor』 皇帝というだけあって、無敵感溢れる曲。要所要所の掛け声は、みんなで円陣を組んでやりました。膝を曲げるとより力強い声が出て、膝のクッションの重要性に気づかされた一曲でもあります。あとブラックコーヒー飲みたくなるリズム。

『M10 Gamble』 前作の「THE DARK BLACK GROOVE」の延長線上にありながら、よりバンドサウンドに寄せたのがこの曲。イントロのドラムは、カジノにある大きなルーレットに玉を転がすイメージ。個人的に、今作で一番イカしたギターソロはこれです。

『M11 Don’t Stop The Clocks』 今作のラスト曲。ザッツ名曲を作ろうと思い、UKロックに最大のリスペクトを込めて作りました。重くし過ぎず、あくまでさらっと聴けることを意識しました。壮大さと軽やかさの絶妙なラインがポイントです。そして今作の美メロ番長。

続きを読む閉じる
SPADE 3 MUSIC VIDEOS
blaze

Blaze Blaze

The Phantom Pain

The Phantom Pain The Phantom Pain

Ledger

Ledger Ledger

Insight

Insight Insight

SPADE 3 Trailer movie  part1

SPADE 3 Trailer movie part1 SPADE 3 Trailer movie part1

SPADE 3 初回盤Trailer

SPADE 3 初回盤Trailer SPADE 3 初回盤Trailer

山さん福島を詠む、俳句TシャツドキュメンタリーDVD~福島や ああ 福島や~ Trailer

山さん福島を詠む、俳句TシャツドキュメンタリーDVD~福島や ああ 福島や~ Trailer 山さん福島を詠む、俳句TシャツドキュメンタリーDVD~福島や ああ 福島や~ Trailer

Top
red bull studio
WHITE ASH × Red Bull Studios Tokyo WHITE ASH × Red Bull Studios Tokyo

Red Bull Studios Tokyoがアルバム「SPADE 3」を全面サポート!
WHITE ASHがRedBull Studios Tokyoからインスパイアされた至極のトラックが堂々完成!!

「Spade Three」先行試聴

Red Bull Studios Tokyoオフィシャルサイト http://www.redbullstudios.com/tokyo/

iTunesにて「Blaze」先行配信中click
「Spade Three」先行試聴

Red Bull Studios Tokyoオフィシャルサイト http://www.redbullstudios.com/tokyo/

iTunesにて「Blaze」先行配信中click
お問い合わせ:03-3496-3661(タワーレコード渋谷店)
Red Bull Studios Tokyo |http://www.redbullstudios.com/tokyo/
Red Bull Studios Tokyo |http://www.redbullstudios.com/tokyo/

アルバム購入者対象 チェーン店別オリジナル特典

〈タワーレコード〉

ラバーバンド(タワーレコードver.)

online shop
white ash spade 3 white ash spade 3

〈HMV〉

ラバーバンド(HMVver.)

online shop
white ash spade 3

〈TSUTAYA RECORDS〉

ラバーバンド
(TSUTAYA RECORDSver.)

ツタロックキャンペーン応募ハガキ

  (抽選で3名にサイン入りオリジナルグッズプレゼント)

online shop
white ash spade 3

タワーレコード郡山店 2大企画決定!

click

山さん等身大パネル登場! 

image44

郡山店限定オリジナル特典!
「山さん福島を詠む、俳句TシャツドキュメンタリーDVD
~福島や ああ 福島や~」

※ラバーバンドとのW特典になります。

Top
schedule
WHITE ASH One Man Tour 2016 Emperors And Dumbasses WHITE ASH One Man Tour 2016 Emperors And Dumbasses

チケット料金:¥3,500(税込)

※ドリンク代別 / オールスタンディング
※注:小学5年生以上有料 / 未就学時入場不可
※枚数制限:お一人様 4枚まで

5/14 sat
Club Lizard YOKOHAMA(神奈川県)
Open 17:00 Start 17:30
DISK GARAGE 050-5533-0888
5/15 sun
千葉LOOK(千葉県)
Open 17:00 Start 17:30
DISK GARAGE 050-5533-0888
5/21 sat
京都GROWLY(京都府)
Open 17:00 Start 17:30
GREENS 06-6882-1224
5/22 sun
太陽と虎(兵庫県)
Open 17:00 Start 17:30
GREENS 06-6882-1224
5/28 sat
松山サロンキティ(愛媛県)
Open 17:00 Start 17:30
DUKE 087-822-2520
5/29 sun
Hiroshima CAVE-BE(広島県)
Open 17:00 Start 17:30
夢番地広島 082-249-3571
6/3 fri
長崎DRUM Be-7(長崎県)
Open 18:30 Start 19:00
BEA 092-712-4221
6/5 sun
福岡DRUM SON(福岡県)
Open 17:00 Start 17:30
BEA 092-712-4221
6/11 sat
金沢vanvan V4(石川県)
Open 17:00 Start 17:30
キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
6/12 sun
松本Sound Hall a.C(長野県)
Open 17:00 Start 17:30
キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
6/18 sat
宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2(栃木県)
Open 17:00 Start 17:30
DISK GARAGE 050-5533-0888
6/19 sun
仙台MACANA(宮城県)
Open 17:00 Start 17:30
ノースロード仙台 022-256-1000
6/24 fri
盛岡the five morioka(岩手県)
Open 18:30 Start 19:00
ノースロード仙台 022-256-1000
6/26 sun
札幌cube garden(北海道)
Open 17:00 Start 17:30
WESS 011-614-9999
7/1 fri
BIGCAT(大阪府)
Open 18:30 Start 19:30
GREENS 06-6882-1224
7/2 sat
NAGOYA CLUB QUATTRO(愛知県)
Open 17:00 Start 18:00
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
7/10 sun
赤坂BLITZ(東京都)
Open 17:00 Start 18:00
DISK GARAGE 050-5533-08
Top